« 日高屋@調布 | トップページ | らーめん潤@蒲田 »

2010/11/16

そば茶房 遊蕎@高麗川

お仕事で埼玉県の奥地へ。
川越にもよさげな店があったが、時間が読めないため、直接現地へ。

事前の食べログの調査で、旨そうな蕎麦屋を発見していたので、そこを目指す。
駅から10分弱。
428FE055-1DA3-4A89-AE65-96103F8401781F7EDE9B-68D6-4DF3-8CE5-BA8991E553B855A934E0-69BC-42C9-9372-77E1BB087C86
お店は、非常に落ち着いた感じ。しかしながら、和風ではなく、ウッディな洋風調(こういう表現でよいのか?)。

いろいろ食べたかったので、「三種そば 」を「大盛」で。

お店のボードには、本日の三種蕎麦について、「せいろ(二八)、いなか、あらびき」とある。最後の「あらびき」に相当する部分が日替わりになるらしい。
569BDEA2-A6B8-4A9F-9396-B46C33782310AFFC4655-6284-47B6-97FD-7565325DA32D
10分程でのご対麺。左下から時計回りに、「せいろ(二八)、いなか、あらびき」。まずは、麺だけで一通り啜ってみる。

せいろは、そのもの正当な舌触りと香り。とはいえ、香りは少なめか。

いなかは、極太。モグモグと食べる。啜れないw

あらびき、これが一番面白い。みたまんま、ザラザラとした舌触りで歯ごたえもよい。
458A1132-685C-4941-8DD3-E3CDEFEC47B0
漬け汁は、ちょいと辛め。もっと江戸前でもよい。
これらを大根おろしや刻みネギ、山葵、黒七味などの薬味と楽しむ。
FDA7B457-BC05-48BF-BA19-104C9CD0FF07
最後は、サラッとした蕎麦湯でフィニッシュ。

おいしゅうございました。

|

« 日高屋@調布 | トップページ | らーめん潤@蒲田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74698/50045497

この記事へのトラックバック一覧です: そば茶房 遊蕎@高麗川:

« 日高屋@調布 | トップページ | らーめん潤@蒲田 »